バイク廃車手続きのやり方はどうしたらいい?業者に任せれば簡単にできる

バイク廃車手続きのやり方はどうしたらいい?業者に任せれば簡単にできる

バイク

バイクの廃車手続き

バイク廃車手続きは、車などに比べると簡単に行うことができます。使用してないバイクがあり、税金だけを払い続けているような状態であれば、一時抹消登録をおすすめします。抹消登録には永久抹消登録と一時抹消登録がありますが、この二つの違いについては別の記事で紹介しているので、気になる方は確認してみてください。

模型

バイク廃車処分のやり方

バイク廃車手続きは、排気量により異なってきます。原付と呼ばれる125cc以下のバイクであれば、ナンバープレートと標識交付証明書、印鑑、廃車申告書の四つになります。標識交付証明証は、ナンバーを貰う時一緒に貰う書類のことです。市町村の役所の窓口で手続きを行うことができるので今すぐにでもできるでしょう。

バイク

原付以上の廃車手続き

原付まではとても簡単で市役所で手続きができますが、原付以上になると陸運局で行う必要があります。また、手続きも車ほどではありませんが、複雑になるので少し面倒になります。もし永久抹消を考えていて、自分で手続きをするのがめんどくさいと感じている方は、業者に任せるのもひとつの手です。

男性

売却する

乗らなくなったバイクを処分するのはとてももったいないです。例え不動車や事故車であったとしても、買取業者からしたら宝です。なので、お金を出して買い取ってくれます。その上で廃車登録の手続きなどを全て代行してくれるので、自分は書類を準備するだけでいいのです。売却も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

自分で廃車手続きする場合と業者に依頼する場合の比較

自分で手続きする場合

原付までのバイクであれば、自分で手続きすることも簡単です。ですが、126cc以上の中型と呼ばれる排気量のバイクからは、陸運局で手続きを行う必要があります。家の近くに陸運局がない場合は大変でしょう。手間はかかりますが、自分で行うので手数料などは必要ありません。

業者に手続きを依頼する場合

手続きを依頼する場合は、手間がほとんどかかりません。ですが、その分手数料や手間賃が必要となります。バイクを売却する場合は、手続きを買取業者が代行してくれるので、お金も手間も省けてメリットが大きいです。

広告募集中