廃車買取りの流れや取引時に必要な書類について知ろう

廃車買取りの流れや取引時に必要な書類について知ろう

模型

廃車の買取に必要なもの

廃車だけに限らず、車を買取してもらう時には準備するものがあります。これは車種などによって変わりますが、今回は軽自動車と普通乗用車に必要なものを見ていきましょう。普通乗用車に必要なものは、実印と印鑑証明書、車検証、ナンバープレート、リサイクル券、マイナンバーのコピーになります。軽自動車の場合は、実印でなく認印で、印鑑証明書も必要ありません。

女性

還付金について

廃車を買取してもらうと、それまでに払っていた税金が戻ってくることがあります。税金は1年単位で支払うことが多いですが、1年経たずに買取してもらう場合は、余った期間分を還付金としてもらえます。主に自賠責保険や自動車重量税、自動車税は返金対象になるので、心当たりのある方は返金請求してみましょう。

廃車買取の流れ

車内

業者選び

買取してもらう業者を選ぶことから始まります。廃車を買取している業者を数多くあるので、その中から利用する業者を選びます。自分が住んでいる地域の買取に対応している業者を選ぶようにしましょう。

問い合わせ

利用する業者が決まったら、問い合わせをします。業者に電話をして廃車を買取してもらいたい旨を伝えます。この時に質問や疑問に思うことがあったら聞いておきましょう。業者によっては問い合わせの段階で車の情報を聞いて査定を行う場合もあります。

日程の決定

査定額に納得できたら、買取を行う日程を決めます。自分の都合と業者の都合が合う日を話し合って決めましょう。引取りは基本的に無料の業者が多いですが、有料の業者もあるので確認するようにしましょう。

書類の準備

廃車の買取をする時に、書類を渡します。なので、必要となる書類を約束した日までに準備しておきましょう。車種などによって必要となる書類が変わるので気を付けましょう。もし分からなければ、これも業者に確認しておきます。

買取

廃車や事故車の引き取りは基本的に出張になるので、指定した場所まで業者が来てくれます。車と一緒に必要書類も渡します。その後名義変更などが終わると、指定口座へ買取金額が振り込まれます。これで廃車買取の流れは終わりになります。

広告募集中